シビル・ウォーはなぜ起きたのか___アベンジャーズ分裂・真の黒幕

f:id:the-Writer:20190303121923j:plainマーベル・スタジオ公式が史上に類を見ないほど情報統制を敷いている超大作『アベンジャーズ/エンドゲーム』、公開まで1カ月を切りました。マーベル・スタジオの今や定番となっているのは宣伝方法は、映画本編公開前にティーザー予告・予告映像を出すというものです。ケヴィン・ファイギ社長に至っては「予告編ですか?映画公開前には出ますよ」なんてふざけた茶目っ気たっぷりな発言をした事もありましたし、その発言をメディアも一大ニュースとして取り上げるほどですから、いかにこの現状が情報に飢えているかがよくわかります。f:id:the-Writer:20190228200013j:plain『エンドゲーム』の監督を務めるルッソ兄弟は、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の監督を務めてきました。スティーブ・ロジャースというキャラクターに注力するような履歴ですね。そしてMCUファンの方なら気づくかもしれませんが、彼らが手掛けてきた映画はどれもMCU全体に及ぶ大変革を描いています。『ウィンター・ソルジャー』ではそれまでの各作品をつなぎ留め、超人たちが結集するための公的組織が崩壊。『シビル・ウォー』では度重なるアベンジャーズの活動による犠牲を無視できなくなった結果、アベンジャーズは事実上の解散。『インフィニティ・ウォー』ではアベンジャーズの敗北に伴い、全宇宙の生命の半分が抹殺されました。

続きを読む

幻の?『エイリアン:コヴェナント』続編の構想書き起こし

f:id:the-Writer:20190223092215p:plain↑『エイリアン: コヴェナント』を観終わった後の僕です。
まさか主役や話の焦点がここまで大々的にアンドロイドに切り替わるとはだれが予想したでしょうか。結果的には満足していますし面白い映画でした。エイリアンという名を冠しながら様々な内容がてんこ盛りの興味深い一本だったと思います。『プロメテウス』は地球から遥かかなたの惑星Lv-223でたった一人生き残ったショウ博士が、首だけになったアンドロイドのデヴィッドと共にエンジニアの船・ジャガーノート号でエンジニアたちの故郷とされる「楽園」へと旅立つシーンで幕を閉じました。f:id:the-Writer:20190223100832j:plain『プロメテウス』の一つの特徴として、エイリアンの起源・人間の精神の神秘・エンジニアの壮大な世界・アンドロイドの危うさ……といった続編に発展しうる様々な可能性をバランスよく配置されていた、というのがあると感じます。その続編である今作が『プロメテウス2(仮)』 やら『エイリアン: パラダイスロスト(仮)』と呼ばれていた初期のころは、そのどれを発展させてもよかった。完成してみた『エイリアン: コヴェナント』は、人間はあくまで狂言回しとして底知れない狂気と探求心でひたすら「完璧な生命体」を創り出すデヴィッドの物語でした。

続きを読む

~平成ライダーよ、永遠に~『平成ジェネレーションズFOREVER』補完・考察計画

「あの頃、本当に俺のそばに仮面ライダーはいたんだ。覚えてる限り、ライダーはいる!」

こんにちは、the-Writerです。すごい素敵なセリフだな、と思います。

僕のライダーへの個人的な思い入れを書いても特に興味はないと思うのでここにはほとんど書きませんが、最近『仮面ライダージオウ』にはまりまして……前年度と今年度のライダーが共演する恒例の冬の劇場版、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』を観ました。非常に満足度の高い作品でした……気づけば20作も製作されてきた平成仮面ライダー、その総決算としても『ジオウ』の物語としても『ビルド』の物語としても見事なシナリオ、過去作品と現行作品の両方を丁寧に扱い、驚異的なバランスで完成された一本でした。

続きを読む

コーヒーに塩を入れたら不味かった

はい。何のひねりもありません。タイトル通りの内容です。
「コーヒーに間違えて塩を入れたらまずかった」
有名な話(?)ですけど、不味いで完結しているためどう不味いかがわからない。
土曜日。ヒマでした。そしてひらめきました。
そうだ、コーヒーに塩を入れて味見をしてみようと。
ということでハイ、作りました。
いつも通りのティースプーン1杯分のインスタントコーヒーに料理用の塩。
一応塩の量は気を付けました。卓上の食塩に比べると料理用の塩は味が強いと聞いたので、小さじ1/4分で。湯気が沸き立つ熱湯を注ぎ、ティースプーンでそのまま混ぜます。匂いを手で仰いで確認。特に変哲はない、普通のコーヒーです。牛乳も入れるなんて冒険はしません。試作品、初の塩入りコーヒーです。いってみました。

 

続きを読む

カイロ・レン考察Ⅱ~「罪」~

以前のカイロ考察記事、あれで完結かのような終わり方をしましたがそんな事はありません。続きます(`・ω・´)シャキーン

前記事である『~不気味な怪物か、見捨てられた子供か~』を投稿した後、無性に『エピソード7』『エピソード8』が観たくなりました。一応自分が書いた内容が正史である本編と抵触しないかという検証も大きな目的ではありましたが、ガッツリ楽しみながら最後まで見てしまいました……。前記事にはカイロに関する僕の考えを取捨選択して色々詰め込んだのですが、その中で敢えて欠けさせていたものがあります。それはタイトルに書いた「罪」です。

続きを読む

カイロ・レン考察 ~不気味な怪物か、見捨てられた子供か~

カイロ・レン。

それはディズニーが製作するスター・ウォーズにおける最初のヴィランであり、『エピソード7』-『エピソード9』からなる続三部作の悪役です。2005年の『エピソード3』を以って、ジョージ・ルーカスの手でSWサーガは一旦完結したという背景があるだけに、それをわざわざ再始動させるからには相応の動機が必要です。f:id:the-Writer:20181117162851j:plainSWの物語は悪役も非常に大きな比重を占めています。『エピソード1』-『エピソード6』までがアナキン・スカイウォーカーの物語というとらえ方が可能なだけに、悪役は物語を牽引していく非常に重要な立ち位置です。また、映画に加えて小説やゲーム等のスピンオフ作品で数多の悪役が存在していました。『エピソード7』には並みならぬ重圧がかかっていたのは明白だと思います。余談ですけど、アダム・ドライバーが悪役としてキャスティングされたと聞いた時の、一見すると悪人に見えないその顔がどのような変貌を見せてくれるのかという期待と「名前がカッコイイな」という感想を覚えていますね。

続きを読む

『ハン・ソロ』考察 ~それでもハンは、「良いヤツ」なんだ~

「勇気も、男気も、銀河一。逆境が心を熱くする。運命を賭けて挑む、超光速アクション大作。」

宣伝文句まで最高かよ。

f:id:the-Writer:20181108092539j:plainディズニーがルーカスフィルムを傘下に収めて以来SWは年末に公開されてきており、12月の風物詩といえばクリスマスとSW……といった感覚が身についてきた頃に、一年の半ば辺りの5月に公開されたのが『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でした。『エピソード8 最後のジェダイ』の公開から約半年とかなり間隔は短く、この時期にSW新作を公開するのはかなり実験的な意図があったのではと思います。『エピソード8』が自分の中でも落ち着いたころに早速SW新作を迎えられるのは非常に幸せな体験でした!その分『エピソード9』は長く待たなければいけませんが……とはいえ現行三部作の最終作とともにジョージ・ルーカスが1977年に始めた9部作からなる壮大なサーガの完結編なので、それくらいの期間を設けるのは製作側にも観客側にも必要な期間かなと思います。

続きを読む